心が風邪を引いたら

心理カウンセラーになるには知識が必要なんです。もちろん経験も大事ですが、後々ついてくるものなので、まずは自分で勉強して資格などを取得しましょう。

何か悩みがある時、みなさんはどうしていますか?
友達や恋人に打ち明けて話を聞いてもらったりするでしょうか。
人に話すことは、それだけで十分な心理的効果が期待できます。
自分の心の中の迷いや葛藤を人に理解してもらえるように整理して話すことで、自分自身を客観的に眺めて心の中を整理整頓できるからです。
でも、打ち明けられる相手がいない場合はどうしましょう。

そんな時には心理カウンセラーを訪れて話をしてみるといいのではないでしょうか。
日本では心理カウンセラーという存在はまだまだマイナーな印象があるかと思います。
海外では、心理カウンセラーや精神科の先生にちょっとした心の悩みを聞いてもらうという文化が根付いているように思いますが、日本ではまだまだその文化が浸透していないように思えます。
だから、精神科はもちろん心理カウンセラーのところに行くというのはなかなか敷居が高いように思われるかもしれません。

でも、考えてみてください。
こういったところは、悩み相談の専門家です。
体の具合が悪い時にお医者さんに行くように、心の具合が悪い時に心のお医者さんに行くのは理にかなっていることだと思うんです。
誰でも何かの拍子に一人ではなかなか抜け出せない心の闇に足をすくわれてしまうことはあります。
そういう時、一人でもがいていても、余計に闇の深みにはまってしまうかもしれません。